血流を良くするサプリメントとは?

血流を良くするサプリで血の巡りを改善して生活習慣病や疲労、冷え性などの症状を解消しましょう☆

血流を良くするためのサプリとは

 

血流が悪くなると様々な症状を引き起こします。改善にはある程度の時間が必要ですが、毎日を元気にはつらつと過ごすことができることを考えると、今までの生活習慣を見直す価値は十分にあります。

 

まずは簡単な方法から始める意味で、サプリメント摂取がおすすめ☆
血管の健康状態を整える作用があるDHA・EPAサプリを中心におすすめのサプリをランキングしていますので、ご参考ください!

血流を良くするサプリ【おすすめランキング】

きなり(さくらフォレスト(株))の最安値通販

きなり(さくらの森)の特徴

きなりの特徴として、DHA、ナットウキナーゼ、クリルオイルを配合して、血流をよくする効果があります。血流が良くなるとリンパの流れも正常化し、老廃物の排出がスムーズにいき、体内の浄化にとても役立ちます。1日4粒を飲むことを継続するだけで、血液がサラサラになって健康的な日々が送れるようになります。

価格 評価 備考
5,695円 ⇒ 定期初回1,980円 評価5

大正DHA・EPA(大正製薬)の通販購入

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴は、青魚にあるさらっとした成分DHA400mg、EPA200mgを1日1袋5粒で600mgも摂取することができます。カロリーも1袋15.6kcalしかないので、カロリーを気にしてる人でも安心して摂取することができます。DHAは血流を改善する働きがあり、EPAは血液をスムーズに流してくれる働きがあるので血行を良くする効果があります。 大正DHA・EPA(大正製薬)の価格は、通常だと4000円になります。 初回は、お試し価格75%OFFで1000円の納得定期コースのキャンペーンをやっています。 定期コースではなく、通常販売だと初回購入のみ10%OFFの3600円で購入できます。 購入するなら納得定期コースで購入するのがお得です。

価格 評価 備考
定期コース初回 1000円 評価4 大正製薬による高い品質のサプリ☆ 継続購入の縛りなし☆

協和発酵バイオのシトルリンの最安値通販

協和発酵バイオ シトルリンの特徴

シトルリン(協和発酵バイオ)は、スイカやゴーヤーに含まれているスーパーアミノ酸の一種「シトルリン」が特徴のサプリメントです。 健康の基盤と言われているめぐりは、食生活の乱れや加齢によって失われます。 低下した機能を取り戻すために、シトルリンの血流をよくする効果が期待されます。 独自の発酵法で、1日の目安の6粒に800mg、ゴーヤー約24本分のシトルリンを豊富に含んだ、国内唯一のシトルリン生産者である協和発酵バイオ自信の商品です。

価格 評価 備考
初回限定(1回のみ) 1,134円 評価4

ハウス タマネギの力の最安値通販

タマネギの力(ハウス)の特徴

ニンニクの仲間であるたまねぎには、血流をよくする効果を持つ成分が含まれているのですが、サラダで食べるときに水にさらしたり、肉と一緒に炒め過ぎたりすると、せっかくの特徴が激減してしまいます。しかし、タマネギの力(ハウス)は、そのたまねぎの有効成分を余すところなく凝縮して、高い効果をあげることが出来るサプリメントなのです。たまねぎのにおいや味が苦手だという方でも、錠剤タイプなので飲みやすく、においもほとんど気になりません。

価格 評価 備考
評価3

A・E・Dクリルオイルの最安値通販

AEDクリルオイル(グランドサン)の特徴

血流をよくするサプリメントの中でも、A・E・Dクリルオイルが持っている優れた特徴は、何といっても魚介類に含まれている赤色の脂質でしょう。その脂質の色は、強力な抗酸化物質としての効果を持つアスタキサンチンであり、それが血流をよくするけれども、通常だと酸化しやすいオメガ3脂肪酸の酸化を防ぐ役割を果たしているのです。つまり、健康に役立つ成分をクリルオイルの中のアスタキサンチンが守り、身体の隅々までオメガ3脂肪酸の効き目をもたらしてくれるのです。

価格 評価 備考
初回限定(1回のみ) 500円 評価3

DHA&EPAオメガプラスの最安値通販

DHA&EPAオメガプラス(みやび)の特徴

DHA&EPAオメガプラスには脳の血流をよくする働きがあります。そのDHAとEPAの血流をよくする効果に加え、それを支える3つの成分がDHA&EPAオメガプラスには配合されています。オリーブオイルの50倍のαーリノレン酸を含む亜麻仁油、抗酸化作用のあるアスタキサンチン、クリルオイルの3つの成分が配合されているのが、DHA&EPAオメガプラスの最大の特徴です。普段の食事からはなかなか十分な量を摂ることができないDHAやEPAを理想の形で摂取することができるサプリメントです。

価格 評価 備考
評価3

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット小林製薬の最安値通販

ナットウキナーゼ&DHA&EPA(小林製薬)の特徴

体内で血流が悪いと体のあらゆるところで不調が起きてくるようになります。健康で過ごすには血流をよくすることがとても大切なことになります。ナットウキナーゼ&DHA&EPには納豆のネバネバ成分のナットウキナーゼとDHA&EPAが配合されたサプリメントです。そこに玉ねぎの成分も配合されて血行を良くしてくれる効果があります。また、特徴といえるのは血栓を溶かす効果を持っているナットウキナーゼですが従来よりのものより2倍含まれていることで血流をよくする効果が多いに期待されます。

価格 評価 備考
評価3
マンボウサンQ(ハピネス)の特徴

マンボウサンQ(ハピネス)には、DHAやEPAのほかにDPAが配合されています。これらの成分はドロドロを解消してくらます。含有ん成分の中で、DPAは血液をサラサラにするので、血流をよくするという特徴があります。また、マンボウサンQ(ハピネス)には、ビタミンEやコエンザイムQ10などの成分も含有しているので、血液のサラサラのほか、生活習慣が乱れ、健康や美容を維持したい人などに魅力のマンボウサンQ(ハピネス)です。1日3粒を目安に摂取することで効果があることも魅力です。

価格 評価 備考
初回限定(定期) 3,900円 評価3
αGヘスペリジン(江崎グリコ)の特徴

αGヘスペリジン(グリコ)には、柑橘類に多く含まれるポリフェノールのヘスペリジンが含まれています。ヘスペリジンの特徴は、柑橘類に含まれ、摂取することで短時間に吸収され体内を巡り毛細血管の強化、血流改善などの効果を発揮します。血管や血流をよくする作用によって、全身の冷えや室内の冷房環境において皮膚表面温度の低下が抑制されます。この効果は、特に手指先や足指先などの末梢組織に大きく現れることで冷え性などの改善が期待できます。

価格 評価 備考
初回限定(1回のみ) 1,000円 評価3
イチョウリーフ(健康家族)の特徴

イチョウリーフ(健康家族)1番の特徴と言えるのはヨーロッパで医薬品として効能があると広く知られているイチョウ葉エキスを配合しているところです。脳の血流をよくすることで集中力を高めて認知症などの予防や高血圧に効果的だと期待されています。血流をよくすることで動脈硬化の改善、血糖値を正常化させたり、また、がんの予防など多くの働きがあります。他にも耳鳴り、神経痛、冷え性、アレルギー、花粉症など血行が良くないために起きてしまうものに対して効果を望めます。

価格 評価 備考
評価3

 

サプリメント以外で血流を良くする方法とは?

洋服や下着の締め付けに気を付ける

血流を良くする方法として、食事や生活習慣などにも気をつける必要がありますが、意外と、身に付けるものが血流に与える影響は見落としがちではないでしょうか。

締め付けの強い服を避ける

ウエストのきついスカートやジーンズ、締め付けの強いブラジャーやパンツ、ストッキングや靴下などは、血の流れを妨げる原因となります。脱いだ時に、皮膚にゴムの食い込み跡がくっきり残っているような場合は、要注意です。
だからと言って、仕事に部屋着で行くわけにはいかないものですが、探せば、締め付けがゆるくてもきちんと見える服がありますから、購入する際にお店でチェックしてみてください。最近では、ウエストがゴムのスカートやパンツもおしゃれアイテムになっていますし、ストッキングも足に負担の少ない着圧設計のものがあります。ブラジャーも、ノンワイヤーでも体型をキープしてくれる高機能のものも出てきていますから、そういったものを上手に選んで、洋服や下着の締め付けに気をつけていきたいものです。

 

 

半身浴・シャワー

血流を良くする方法として自宅で簡単に行えるのが半身浴なのです。
シャワーは熱めにすることで体をある程度温めることができますが、半身浴の温浴作用にはかないません。
全身を温めるなら全身浴がベストだと思うかもしれませんが、全身浴は長湯が難しいでしょう。
これに対して半身浴は、ほぼのぼせる心配がありません。

半身浴する

ヘソよりも下まで浸かるだけなら、のぼせるリスクは非常に低いのです。
しかも全身浴と大差のない温浴効果を期待できるので、慢性的な冷え解消として最適なのです。
血流を良くする一番の方法は、全身を温めることなのです。
20分間の半身浴によって血液が温まり、勢いよく全身を流れていきます。
温めた血液が全身をめぐることで、細部まで温熱作用が及ぶのです。
足先は一番冷えやすい部位なので、足から温める対策が効果的です。
自宅に足浴機があるなら、半身浴の代わりに使用するのもいいでしょう。
足を20分程度温めると、上半身も汗ばむほど温まります。

 

 

体を冷やさない

血流を良くするために大切なのは、体を冷やさないことです。
冷えは血行不良を招きますし、それによりさらに冷えるという悪循環を招きます。
体を冷やしてくれる物質が血液であり、血液の多い部位は体温も高いのです。

足湯で身体を温める

心臓は体温が高く、それゆえに免疫力も高くてガンの発生率が低いのです。
血流を良くする方法として鉄板なのは、ゆっくりと時間をかけて入浴することでしょう。
自宅に足浴機があればベストですが、半身浴でも代用することができます。
1日20〜30分を目安に半身浴をすれば、体は芯まで温まってくれるでしょう。
血流を良くするためには、体を冷やさない方法だけでは十分とは言えません。
積極的に体を温めていく必要があるので、衣服で冷えを解消する程度では十分ではないのです。
人間の体は足が冷えると、全身が冷える仕組みになっています。
逆に足を温めれば、全身がくまなく温まってくれるのです。
血流を良くするためにも、半身浴や足浴を利用しましょう。

 

 

水分補給

血流を良くする基本は水分補給なので、喉が渇かない程度に摂取していきましょう。
緑茶や紅茶などのカフェイン入りの飲料は、利尿作用があるので余計に喉が渇いてしまいます。
例えば緑茶を500ml飲むと、体から600ml程度の水分が失われてしまうのです。

麦茶で水分補給

むくみを解消するためには良さそうですが、血流を良くする方法としてはノンカフェインの飲料を飲んだほうがいいでしょう。
ダイエットティーを利用する方も、カフェインが含まれているかチェックしておく必要があります。
カフェインの作用は4時間程度続くと言われているので、あまり夜遅くに緑茶を飲むと眠られなくなります。
水分補給用の飲料として最適なのはスポーツドリンクですが、糖分が含まれているので飲みすぎは避けましょう。
ミネラルウォーター、麦茶、ルイボス茶などで水分補給するのが好ましいです。
一度に飲用する量は多くても250mlに抑えておくのがよいです。
水分には害はありませんが、たくさん摂っても吸収されないからです。

 

 

血流が良くなる食材を食事で摂る

血流を良くするには、食事に気を配るのも一つの方法です。「おさかなすきやね」という言葉を聞いたことはありませんか?「おさかなすきやね」は、血流を良くする食材の頭文字を取ってつなげたものなのです。
お=お茶です。

カテキンの作用に注目

お茶の成分「カテキン」には抗酸化作用、コレステロール値、血糖値、中性脂肪値を下げる作用があります。さ=魚です。魚の不飽和脂肪酸が血流を良くしてくれます。か=海藻です。水溶性の食物繊維が中性脂肪を吸着して排出してくれます。な=納豆です。ナットウキナーゼには血栓を溶かす作用があります。す=酢です。血中の老廃物の排出を促進し、赤血球の変形能を高め、血流を良くします。き=きのこです。βグルカンという成分が血糖値やコレステロール値を下げます。や=野菜です。沢山のビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれているので積極的に摂りましょう。ね=ねぎです。アリシンという成分には、血小板凝集抑制、活性酸素抑制、血栓予防の作用があります。
食事や生活習慣を見直して、健康な血管と血液を手に入れましょう。

 

 

血液がドロドロになる食材を避ける

血液ドロドロを招く食材を好んで食べていると、若くして動脈硬化になってしまいます。
10代で肥満になるケースもあるように、脂質異常症や糖尿病なども若くして発症します。

避けるべき食品

生活習慣病の多くは不規則な生活習慣が原因で起こるものであり、特に食生活が大きく影響しているのです。
血流を良くする方法としておすすめしたいのは、日々の生活で血液ドロドロ食材を避けることです。
肉類は1日100g以下に抑えるようにして、ジャンクフードもなるべく避けましょう。
揚げ物、チョコレート、ケーキなど、油分が多い食品はなるべく控えることです。
逆に積極的に摂取したい食品は、野菜や果物などです。
果物は摂りすぎると太りますが、スナック菓子やケーキなどと比べると低カロリーです。
野菜をたくさん食べている方は血流が良いので、毎日350gを目安に食べるようにしましょう。
野菜の摂取量が少ないと、若くして血液ドロドロを招きやすいです。
暴飲暴食も血液を汚してしまうので、最初に野菜を食べてお腹を膨らませるようにしたいものです。

 

 

血液がサラサラになる食材を食べる

血液をサラサラにする方法としては、魚を食べることです。
魚の中に含まれている、DHAとEPAなどのオメガ3系脂肪酸が、血液サラサラに効果があります。
DHA、正式名称ドコサヘキサエンサンは、熱に弱い成分なので、焼き魚や煮魚にするとおよそ2割程度、揚げ物の場合は半分近く栄養分が溶け出してしまいます。

刺身が血液改善に役立つ

効率のよい摂取の方法は、お刺身です。
EPA、正式名称エイコサペンタエン酸は、血液の流れを保ち、特に血栓ができにくくしたり、高脂血症を予防する結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防するという働きがあります。
主に青魚に含まれています。
青魚の代表が、サバです。
DHAとEPAを摂取することによって、血流を良くすることでき、血液がサラサラになるので、体にもよく、健康にも良いです。
摂取することにより、血管の中にたまった脂肪を分解して、血液の流れをよくしてくれます。
定期的に魚を食べていることが、血液をきれいにする方法です。

 

 

継続的に運動習慣を持つ

血流を良くする方法はいくつかありますが、継続的に運動習慣を持つことも大切なことです。
気軽で簡単に、毎日続けられる運動を行うと、血流を良くする効果が期待できます。

ウォーキングしよう!

まず、通勤時間や買い物の時間を利用して、普段よりも少し早めに歩いたり、なるべくエスカレーターやエレベーターを利用せずに階段を使うように心がけましょう。
普段の歩き方を変えるだけで、血流を良くする効果のある運動はできます。
また、休みの日など時間のある時は、30分ほどウォーキングをすると良いでしょう。
この時は、背筋を伸ばして、歩幅をいつもより大きくし、腕を少し大きめに振ると効果的です。
ウォーキングだけでも、ふくらはぎの筋肉が鍛えられるので、血流を良くする効果が期待できますが、つま先立ち運動も効果的だといわれています。
つま先立ちを5秒行ったら、5秒かけて元に戻すという動作を、何回か繰り返すだけの方法なので簡単に行えます。
最初はバランスをとるのが難しいかもしれませんが、慣れてくれば楽にできるようになるでしょう。

 

 

規則正しい生活

血流を良くするには体を健康な状態にする必要があります。寝不足が続いていたり、食事を摂る時間がずれてくると段々と体にとって必要な成分を上手く生成出来なくなってきてしまいます。

規則正しい生活

こうなると血も流れにくくなり、血と一緒に運ばれてくる栄養も全身にちゃんと回ってくれなくなります。一度不健康な体になってしまうと治すのはとても難しいですが、規則正しい生活を送る事で治療する事は出来ます。人間の体はデリケートではありますが、自分で自分の体の調子を良くする力も持っているので体が健康な状態になるように環境を作ってしまえばすぐに体調も良くなります。他にも血流を良くする方法はありますが、規則正しい生活を送っていない方は血流をどれだけ良くしてもすぐに体調が悪い状態に戻ってしまうので、根本的に治療する為にも規則正しい生活を送る事が大切です。少しずつでも良いので起きる時間や寝る時間、食事を摂る時間の調整をしていきましょう。

 

 

栄養バランスのとれた食事

血流を良くする方法として、運動したりサプリメントを摂取するなどの方法があります。
しかし日常でもっとも手軽に摂取出来る方法として、栄養バランスの取れた食事をすることが挙げられます。
食物にはそれぞれ栄養があります。

栄養バランスの取れた食事を!

体の調子や代謝をととのえるもの、体を作る成分になるもの、エネルギーを作るものなどです。
これらは五大栄養素と言われていて、ビタミン・ミネラル・タンパク質・脂質・糖質です。
太りやすいから、食べたくないから(好きではないなど)などの理由で、偏った食事をしてしまうと、それぞれの栄養の相互作用効果も期待出来なくなり、栄養吸収などに悪影響を及ぼすこともあります。
玉ねぎや生姜は、血液をさらさらにして、血流をよくする食べ物と言われています。
和洋中問わず、色々な料理に使用されている食材ですので、普段の食生活でも比較的手軽に摂取することが可能です。
食事の際は、これらの食材を取り入れつつ、色々な栄養を持った食材をバランスよく食べることによって、身体を整え強くし、血流も改善していくことが可能です。

 

 

運動や食事制限が難しい人は、サプリメントの活用が簡単

血流を良くするにはある程度運動をして全身に大量の血が流れるようにしたり、食事制限をして血液を良い状態にする方法があります。

サプリメントで血流改善しよう

しかし運動や食事制限が苦手な方からするとこの二つをすぐにこなすというのは難しいです。血流を良くするのならサプリメントを試してみましょう。サプリメントで血の流れが良くなる効果がある成分を摂取し続ける事で少しずつ血の流れが良くなっていきます。運動をしたり食事制限をする必要は無く、水でサプリメントを飲み続けるだけで成分の効果が出てくれるので手軽で便利です。体の内側から少しずつ体調が良くなっていくので体にあまり負担がかからないという利点もあります。体調が原因で激しい運動や食事制限が出来ない方も安心です。サプリメントは健康食品に分類されているので薬と似たような摂取の仕方でも、薬と違って副作用が出ないという点もあります。副作用は体に悪影響が出る物が多いですが、それを気にせずに飲めるというのはお得です。

 

 

マッサージ

血流が悪いと、冷え性や頭痛、肩こりなどの症状が現れます。痛い部分を押し続けてしまうと逆効果になってしまいます。痛みを和らげる方法として、マッサージをすることが一つの方法です。

マッサージを受ける

痛みが発生している部分を押すと、気持ちがいいのです。ただ、部分的に押しても痛みが改善しないことも多いです。血流が悪いことで、痛みを発生させているとしたら、全体をマッサージするほうが効果的です。痛みの周辺をマッサージしてあげることで、血流を良くすることが出来ます。強く押さなくても、手のひらでさするぐらいで効果があります。肩こりの場合は、首筋から背中、腕にかけてマッサージをすると体全体の血流が良くなってくるので、肩の痛みがひいてきます。痛みが発生している場合は、その部分に原因があるというよりも、周辺の血流が悪いことがあげられます。時間があれば、足の指先から頭まで軽くさすってあげることで、体全体の改善につながりますので、全体をほぐすことをお勧めします。

 

 

ストレスを感じなように注意する

私たちは毎日快適な生活を送りたいと思っているのですが、日々の中でいろんなことに遭遇するため自分の意思通りの生活をするのが困難な状況に巻き込まれます。

ストレスを上手に発散!

現代の社会が複雑なだけに人々は、人間関係といったことでストレスを多く抱えるようになります。
人にとってストレスは非常によくない影響を受けると言われ、免疫力を低下させ病気になりやすい状態をつくります。
他にも血流を悪くさせ、血管のつまりを起こしたりドロドロ血液に繋がります。
そこで血流を良くする方法を考える必要が出てきますが、できるだけストレスを感じないような生活を送ることが大切となります。
誰でもストレスをつくりたくてそうしているわけではありませんが、性格的なものが大きく関わるとして発散法を見つけるのが大事です。
性格はなかなか変えられませんので、自分の好きなことを見つけ生活のなかで取り入れていくようにするとストレスとなることがそんなに負担に感じられなくなります。

 

 

良質な睡眠

血流を良くするためには、いい睡眠をとることが大切です。
いい睡眠とは、長時間寝ることではありません。

ぐっすり眠る

短い時間でも良質な睡眠をとる方法とは、寝る前にぬるめのお風呂にゆっくりとつかり
体に合った寝具で寝るという事です。
柔らかすぎる寝具は、体が沈み込んでしまい背中が丸くなってしまうなど負担がかかってしまいます。
逆に硬すぎる寝具は、お尻などの重い部分に圧がかかってしまい痛くなってしまいます。
体圧を分散して、下からもしっかりと支えくぼんだ部分も支えることができる寝具で寝るようにしましょう。
立った状態で横になれることが正しい寝姿勢です。
体に合った寝具で寝ることで自然な寝返りを打つことができます。
自然な寝返りがうてることで血流を促すことができるのです。
寝返りを打たないと体液や血液の循環を良くすることができるのです。
朝、すっきりと起きられることや、体が痛いなどという事がないことがいい睡眠です。
血流を良くすることとは、自然な寝返りがうてる良質な睡眠をとることなのです。

 

 

血流改善に効く薬

血流改善のために薬を利用することはあります。動脈硬化がすすむことにより、命に関わるような脳梗塞や心筋梗塞などとならないようにする薬は医師の処方に従って服用します。しかし、冷え性、手足の冷え、肩こり、疲労感がある、血圧が高め、肌の調子が良くないなどといった体調がよくないことで、血流改善をした方がいいような場合の薬には漢方薬などがあります。血流改善を求める時には自然素材を使ったような生薬なども多くあります。

食生活を見直す

手軽なものではビタミンE配合の末梢血行障害に効果的なものがあります。近年よく言われているものではポリフェノールが含まれたものがあります。それは血流改善だけにとどまらず抗酸化作用があるとのことで多くの人が利用しています。しかし血流改善をするには薬を利用することも必要かもしれませんが、自分でできる方法もいろいろとあります。規則正しい生活を送ることや、睡眠をしっかりとり、食事はバランスの良いものをとることがとても大切なことになります。また、体を冷やさないことや、血流改善につながる食材を積極的にとることなどがあります。普段の生活にウオーキングやサイクリング、水泳などの有酸素運動を取り入れることです。運動不足は血行不良になりやすいといわれています。また、水分をいつでも補給することも大きなことです。日常生活の中に無理なく取り入れることができる方法に副作用などを心配することのないサプリメントもあります。

 

 

血流改善に良い運動、ストレッチ、マッサージ

健康志向の高まりによって、血流改善の重要性が再認識されています。血液の中には肺からとりいれた酸素だけでなく食事から摂取したミネラルやビタミンそして大腸にいる善玉菌から作り出された体にとって良い酵素なそ様々な物が含まれているのです。

ストレッチを毎日しよう

それによって全身の細胞に酸素や栄養素が行き渡ると細胞は元気良く活動をします。細胞が元気良く活動をすると代謝が促進されて脂肪を燃焼し痩せやすい体にする他にも、見た目が若返ったり傷や病気の治りを早くします。そのため血液の流れというのは重要なのですが、夏のエアコンの使い過ぎや冷たい食べ物を取りすぎることによる体の冷えや生活習慣の乱れなどが重なると血管が収縮し血流が悪くなります。血流が悪くなると、先に言った血液によって得られる効果が全身の細胞に行き渡らなくなるので効果を発揮できなくなります。そのため血流改善を目的とした方法がいくつか確立されているのですが、その一つが運動であり運動の中でもストレッチの重要性です。なぜストレッチがいいのかというと、血流改善するためには血管を圧迫する筋肉の緊張をほぐしてあげることが大事です。そこでストレッチには深く息を吸って吐いて吸ってを繰り返す腹式呼吸に加えて、体を柔軟に折り曲げる運動を体に負荷がかからないレベルで継続して続けることを目的としています。深く息を吸って吐いてを繰り返す腹式呼吸によって体の緊張がほぐれるとともに多くの酸素を取り入れることが出来て、さらには体を折り曲げる運動で筋肉がより柔らかくなるので血流が改善できるのです。

血流を良くする漢方薬

漢方では、血の巡りが悪い状態を?血(おけつ)と言います。?血かどうかを判断するには、舌を見れば分かります。血行に問題がある人は、舌が全体的に紫がかっていて、舌の裏の静脈が青く浮き出ています。
健康な体なら、血行が良く、体のすみずみにまで栄養や酸素が行き渡るので、内臓の働きも良くなります。

 

身体に良い効果の漢方

ですが、血行が悪くなると、血が全身を巡らないため、内臓にも十分な栄養を届けることができず、様々な症状が発症します。特に女性に多いのが、冷えや疲労、肩こり、生理不順などです。?血は色々な病気を引き起こすことが考えられるため、血行を良くすることはとても大切です。

 

漢方は血のめぐりを良くして体質を改善することができるため、血流改善には役立ちます。血流改善のために処方される代表的な漢方薬には、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)があります。

 

桂枝茯苓丸は、血流改善が必要な女性のための漢方です。特に、血行不良が原因で婦人科系のトラブルを抱えている女性に適しています。また、肩こりや目の下のクマにも有効です。

血の巡りを良くしたい

 

加味逍遥散は、ストレスを抱えやすく、気持ちが不安定になりやすい人に適しています。ストレスは内臓の機能を衰えさせ、気や血の巡りを悪化させます。すると、気持ちに余裕がなくなり、怒りを発散させたり、イライラするという症状が起こります。心と体の緊張をほどいて、気持ちを落ち着かせる作用があります。

 

当帰芍薬散は、内臓に不足した血液を補い、血流を改善させます。また、余分な水分は冷えをまねくので、冷えとむくみが気になる人に適しています。

 

血流を良くする食べ物や栄養素とは?

DHA&EPA

DHA&EPAは血流を良くする効果があるとして、サプリメントにも利用されています。

DHA・EPAは青魚に多い

昔の日本人は今よりも魚をよく食べていたので、脂質異常症はあまり見られませんでした。
DHA&EPAは血液をサラサラにしてくれる油であり、肉の脂を溶かす作用があるのです。
現代人は肉類の摂取が増えたことで、血中脂質も増加している傾向があります。
肉類の脂は血管壁に蓄積する性質があり、一度付着すると簡単には落ちません。
それに対して魚油の成分であるDHA&EPAは、常温で液体という性質があるので血中に溜まらないのです。
油と脂は混じり合う性質があるので、水では溶かしにくい肉類の脂を溶かして除去してくれるわけです。
血流を良くする効果があるDHA&EPAは、いわし・さんま・さばなどの缶詰にも多く含まれていますが、食材として摂取する場合は塩分の摂りすぎに注意する必要があります。
サプリメントで摂取する場合は、塩分もカロリーも心配する必要がありません。

 

 

アルギニン

アルギニンを摂取すると、血管が拡張することによって血流を良くする効果が期待できます。

アルギニンは大豆に多い

血流を良くすることによって、全身の代謝も良くなり、冷え性や身体のむくみ、また肩や首などのコリなどにも良い影響が期待できます。生活習慣が偏ったり食生活が乱れたりすることで漠然とした身体の疲れを感じてしまう人にとっては、血流を良くすることによってリフレッシュし毎日の活力を取り戻す助けとなる可能性があります。
アルギニンを摂取することでなぜ血管が拡張するのかは、次のような仕組みによるものです。まずアルギニンは人間の体内でアンモニアを解毒する作用に関わっていることがわかっており、その過程で一酸化窒素を発生させます。この一酸化窒素の作用によって血管が拡張するため、血流が良くなるという結果になるのです。そのため、食べ物やサプリメントなどからアルギニンを摂取することでアンモニアの解毒作用が促進され結果的に血流を良くする効果が期待できます。

 

 

アントシアニン

ブルーベリー、ナス、紫蘇などに含まれている青紫色の色素であるアントシアニンは、紫色の濃い部分ほど多く含まれているのが特徴です。このアントシアニンには様々な健康効果がありますが、よく知られているのが目のトラブルを解消する効果です。

ブドウやブルーベリーに含まれるアントシアニン

他では生活習慣病を予防や疲れや病気の原因となる活性酸素を除去したり、肌の酸化を防いでアンチエイジングにも効果があるとされています。
また、血管拡張作用があり血流を良くする効果もあります。抗酸化物質でもあるアントシアニンは代謝されず血液に移行するので、直接抗酸化作用が働きます。速効性があるので毛細血管などの細い末梢血管に作用が発揮しやすく、血流改善につながるのです。
この血流改善で期待できる効果には、冷え性、肩こりや腰痛、肌荒れ・ニキビなどがあります。これらは末梢血管の血行が悪くなることが原因でもあるので、血流が改善されれば改善されやすいのです。また目のトラブルである目の下のクマや眼精疲労、白内障などの眼病も血流不良が原因ですので、同じく改善が期待できます。

 

 

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスは血流を良くする成分として知られており、特に脳血管を拡張するのに効果的だと言われています。
海外には医薬品として活用している国もあるほど、ハーブの中でも薬に近い性質があります。
アルツハイマーの予防によいと言われる理由も、血流を良くする作用によるものです。

イチョウ葉エキスのパワー

手足が冷えるという方は、イチョウ葉エキスを飲んで末端から温めていきましょう。
末端が冷えてしまうと全身の冷えにつながるため、血流を良くするためにイチョウ葉エキスを利用したいものです。
副作用のないハーブであり、サプリメントとしても比較的安く入手できます。
イチョウ葉にはアレルギー成分が含まれていますが、サプリとして加工したものは除去されているので安心です。
血流を良くする栄養素は数多くありますが、イチョウ葉エキスは特に冷えが気になる方に効果的です。
冷えは足先から発生することが多いので、冷え対策は足から温めていくことが大切となります。
心臓から遠い部位を温めることで、全身に温熱効果が及ぶのです。

 

 

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、血流を良くする効果があり、特に魚に多く含まれています。血流を良くすると、健康にも良いですが、オメガ3脂肪酸の効果は、他にもあります。

オメガ3脂肪酸はアジ、イワシ、サンマに多い

効果としては、まずコレステロールを下げてくれ、血液の通り道を塞ぐ悪玉コレステロールを減らす働きがあります。悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化などの病気を引き起こしてしまいます。
また、中性脂肪を下げてくれます。脂肪は少しは必要ですが、つきすぎると、中性脂肪や皮下脂肪など、蓄えられたものが肥満の原因となります。その中性脂肪をさげてくれます。
炎症をおさえることもでき、免疫力の強化にも良いです。炎症が起きると、免疫力が落ち、病気への第一歩となる可能性が高いです。オメガ3脂肪酸を摂取することで、これらの強化にもなります。
脂質異常症の予防、高血圧の予防、心血管疾患の予防、がんの予防、眼病予防、うつやアレルギーの抑制など、たくさんの効果があります。
血流をよくして、健康のためにも、定期的に摂取することをオススメします。

 

 

カカオ(チョコ、ココア)

血液をサラサラにするt食べ物の中に、カカオ(チョコ、ココア)があります。カカオポリフェノールと呼ばれるカカオに含まれる成分が体内の活性酸素を取り除き、俗にいう悪玉コレステロールの酸化を抑えることで血流を良くするのです。動脈硬化やがんの予防にも効果があると言われています。

チョコレートのカカオ

カカオが原料のチョコレートは、食べ過ぎなければ健康に良い食べ物ということになります。また、疲れているときは甘いものを食べるといいとされておりますが、カカオ豆には疲労をとる効果もあり、便秘にも効きます。便秘が解消されれば自ずと血流も良くなり体の健康を保つことができます。溶けにくいタイプのチョコレートをポケットに入れておいて、疲労を感じた時に口の中に入れるという方法もありますし、寒い冬ならば朝、一杯のココアを飲んでから出かけるというのも血流を良くするための方法のひとつです。忙しい人でもチョコレートなどのカカオ製品を摂ることは、そう難しくはないはずです。

 

 

カプサイシン

唐辛子やしし唐に含まれる辛味成分はカプサイシンと呼ばれ、血流を良くする効果があります。カプサイシンは唐辛子の種の部分に多く含まれており、粒の小さな唐辛子の方が辛味が強く多くの成分を含むとされます。

唐辛子のカプサイシン

この辛味成分であるカプサイシンが体内に取り込まれると中枢神経を刺激し、アドレナリンが分泌されます。そして全身のエネルギーの代謝を促進、その結果として体脂肪を効率よく燃焼するためダイエット効果が有名です。カプサイシンは脂肪燃焼と共に体温が上昇することから体を温める効果もよく知られており、唐辛子を食べただけでも発汗作用がみてとれるほどです。その発汗作用の影響で末梢血管の血流も活発になる事から冷え性や肩こりの改善にも良いとされています。血行が良くなると、身体のすみずみまで栄養素が届けられ、老廃物が排出されるやすくなります。そして老廃物の排出が進む事で疲れにくい身体にする効果も期待が出来ます。血行不良は万病の元とも言われるのでカプサイシンの力で血行促進して健康な身体つくりを目指したいものです。

 

 

ギンコライド

ギンコライドはイチョウ葉エキスに含まれる成分です。イチョウの英語名「Ginkgo」が名前の由来になっています。ギンコライドの効果の代表的なものに血流を良くするという事があります。

イチョウ葉エキスで血流改善

ギンコライドの抗酸化作用とPAFを抑制作用が血流改善によいとされます。抗酸化作用により活性酸素が除去され、悪玉コレステロールの発生を抑えることができます。また血栓をつくる原因となるPAFを抑制し血流が改善されます。こうしてギンコライドが血流を良くすることにより、様々な病気の予防をすることが可能です。血流の悪さは万病の元になってしまうからです。例えば、血流を良くすれば、動脈硬化の予防になります。動脈硬化の原因となる血栓の発生をギンコライドは抑える事が可能です。また肩こりも血流の悪さが原因ですので改善が期待できます。他にも冷え性の改善や、認知症などの予防にも効果があるとされています。手軽に摂取できるサプリメントなども出ているのでおすすめです。

 

ケルセチン

ケルセチンは様々な野菜や果物に含まれるフラボノイドの一種です。特にタマネギに多く含まれる物質として注目されています。

ケルセチンは大豆に多い

ケルセチンには血流を良くする効果があると言われています。血管の中を流れる赤血球は自在に変形し、細い毛細血管の中でも問題なく流れることがきます。しかし、活性酸素によるダメージを受けると自在に変形ができなくなってしまい、細い毛細血管の中をスムーズに流れることができなくなってしまいます。ケルセチンには抗酸化作用があるため、赤血球の活性酸素からのダメージを防ぎ、血流を良くすると言われています。タマネギを食べると血液がサラサラになるなどと言われるのはこのためです。
ケルセチンはその他にも、関節痛を和らげる、動脈硬化を予防する、血糖値やコレステロールを低下させるなどの効果も期待されています。
タマネギの他にもリンゴ、レタス、ブロッコリー、モロヘイヤなどにも比較的多く含まれる物質です。油と一緒の摂取すると吸収がより良くなると報告されているため、油と一緒に調理したり、マヨネーズやドレッシングと食べたりするとより効果的です。
サプリメントも多く販売されているため、摂取しやすくなっています。

 

 

サポニン

サポニンは、植物の根・葉・茎などに多く含まれている配糖体の仲間です。このサポニンには主に血中コレステロールを改善する効果が認められています。また、血流を良くする働きも確認されています。
血管の中に過酸化脂質と呼ばれる有害な物質が発生することで体内で血栓をつくってしまい、動脈硬化を引き起こす原因にもなってしまいますがその過酸化脂質の生成を抑えてくれる働きもあります。肥満の人が摂取することは特に有効といわれてます。

サポニンは大豆に多い

植物に含まれているサポニンには種類によって呼称が異なります。大豆に含まれている場合には大豆サポニンといいます。また、高麗人参に含まれるタイプのものは高麗人参サポニンと呼びます。特に高麗人参の中には豊富に含まれており、高麗人参が長寿の源と呼ばれる一因にもなっています。
現在はサプリメントの成分としても広く使われています。日ごろ忙しく大豆や高麗人参などを摂取する習慣がない場合には、サプリメントを効率よく摂取することで補うことは有効です。

 

 

シトルリン

シトルリンとは、スイカに含まれる成分で元々私たちにも備わっている成分です。アミノ酸は殆どがタンパク質を構成しますが、シトルリンは構成を行わない遊離アミノ酸なのですぐに効果が出てくるのです。

シトルリンはスイカに多い

血管を強くし、血管を通りを良くして血流を改善し、血管を拡張することにより動脈硬化や高血圧・高脂血症・高血糖などの生活習慣病の予防に繋がっていきます。血流が良くなることで冷え性を改善し、また、体の巡りが良くなることで体温が温まり筋肉が柔らかくなり、肩こりなどが緩和します。足のむくみは血流が悪くなり、老廃物が溜まることによってむくみが酷くなっていきますが、シトルリンの血流を良くする効果によりむくみにくい体を維持することができます。血流の巡りを良くすることは、体の脂肪の燃焼機能にも良く働きかけるので、運動とシトルリン摂取を両方行うことでダイエットや筋肉作りに役に立ちます。更に海綿体の血液の流れも良くすることで男性の精力向上の手助けも行います。

 

 

ジンゲロール

冷え性で悩んでいるという人はいませんか。体の中の血のめぐりがよくないと、だるくなったり、肩がこったり、頭が痛くなったりといろいろな不快症状が出てきます。

ジンゲロールは生姜に多い

血流を良くするには、緊張しがちな肩の力を抜き、軽い運動をしてみるといいでしょう。また、体をあたためる食べものを積極的にたくさん摂ることが大切です。一番手軽に食卓に取り入れることができる野菜はショウガです。TVの健康番組などでも、ショウガは体をあたためると言っているのを聞いたことがある人は多いでしょう。ショウガにはジンゲロールという殺菌作用や酸化を防止する成分と、ジンゲロールを加熱変化させたショウガオールという血流を良くする効果のある成分が含まれています。お味噌汁の中に入れてみたり、野菜のたくさん入ったスープなどにいれてみると体があたたまり、冷え性改善におすすめです。ショウガを取り入れることで、血液がサラサラになり、動脈硬化、心筋梗塞などの病気の予防にもなります。健康を維持するためにも、毎日の食事にショウガを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

ニンニク

ニンニクには、血流を良くする効果があります。
ニンニクに含まれている成分に、抗血栓作用があり、血液をサラサラにする効果があるからです。
血栓は血小板が集まることで固まりをつくり、血液の流れを悪くします。

にんにくの抗血栓作用

血液を流すことで、内臓や筋肉で作られた熱を体の隅々まで運ぶことができますが、ドロドロとした血液だと流れが悪くなり、作られた熱は内臓など、主に上半身にばかり滞り、場合によってはのぼせや大汗の症状を招きます。
抗血栓作用はにんにくの効能の中でも強力な作用を持つものです。
また、ニンニクには抗酸化作用があり、酸化してしまうと血管内がさびつき汚れを招き血液の流れを悪くしますが、ニンニクに含まれている抗酸化作用がさびつきを防ぎ、血液の流れを良くする効果が期待できます。
この抗血栓作用により血管が詰まりにくくなるため血液ドロドロの悪循環を抑制し、血液サラサラにし、流れが良くなることで血流を良くすることができます。

 

 

ビタミンB3(ナイアシン)

ビタミンB3(ナイアシン)の血流を良くする効果があると言われています。血流を良くすることで、動脈硬化などの生活習慣予防にもつながります。サプリメントでとる人も増えていて、特にコレステロール値が高い人には、効果が期待できます。

マグロに多いナイアシン

ビタミンB3(ナイアシン)は、悪玉コレステロールを減少させt、善玉コレステロールを増やすといわれています。ビタミンB3(ナイアシン)は、動脈硬化につながる、血管の壁にできる血液の塊を予防してくれて、血流を良くする働きがあります。コレステロール値が高い人は、運動を取り入れたり、食事に気をつけることに加えて、ビタミンB3(ナイアシン)をサプリメントで取り入れると効果も期待できるでしょう。血液の流れを良くする効果もあるので、冷え性を改善する効果も期待できます。日常的に運動を取り入れて、野菜や、良質なたんぱく質、青魚を取り入れながら、動脈硬化を防止するために、サプリメントを利用してみるのもよいでしょう。

 

 

ヘスペリジン

血流を良くする効果は、ヘスペリジンによって引き出すことが可能ですが、方法については非常に簡単なのが特徴です。冬場に旬を迎えるウンシュウミカンの皮を乾燥させたものは、陳皮と呼ばれて生薬やスパイスとして使われています。

みかんに多く含有されているヘスペリジン

この陳皮にはヘスペリジンが含まれるために、料理で使えば血流を良くする効果も発揮することになるわけです。
陳皮をお風呂に入れる場合には、リモネンの成分によってストレスを解消しながら、ヘスペリジンによって血流を良くすることもできるのです。この相乗効果を利用していれば、忙しさが原因によって発生する問題に対しても、迅速な形で対処できます。発散やサラサラの作用が同時に働くことになるため、忙しい主婦や受験勉強中の学生にとっても、同様に優れた効果を実感できるようになります。
ヘスペリジンが含まれる柑橘類は、季節を問わずに利用することも大切です。ときには柑橘類のハーブティーも利用していれば、ヘスペリジンはおやつの時間にも吸収できます。

 

 

ルチン

ルチンは様々な健康効果を持つ栄養成分です。
メタボリックシンドロームのリスクを回避したい方や血流を良くする効果を期待したい方、生活習慣病の対策を若い頃から始めたい方、記憶力をアップさせて学力の向上を図りたい方に適しています。
ルチンが含有された食材として有名なのは、お蕎麦です。

蕎麦に多く含有されているルチン

お蕎麦自体にもたくさんのルチンが含まれており、効率よく栄養成分がヘルシーに得られます。
また麺のお蕎麦だけではなく、お蕎麦の味がする蕎麦茶にも大量のルチンが含まれており、蕎麦茶なら効率よく毎日摂取でき、血流を良くする効果が着実に体感出来るでしょう。
他はイチジクやミカン、アスパラガス、トマトといった野菜や果実類にも含まれていますので、そういった食材をサラダやデザートにプラスすれば、血流を良くする効果を毎日得られます。
ルチンは単品で摂取しても、良い効果を発揮しますが、同じく健康的な栄養素の一種であるビタミンCといっしょに摂取する事で、吸収効率が上昇しますので、お蕎麦やアスパラガスを食べる日は、同時にビタミンCを多量に含む食材を一品プラスすれば、よりベストです。

 

 

温かい飲み物

血流を良くするには、体に摂り入れるものにも気を配りたいものです。
例えば、飲み物の温度です。
特に暑い季節には、ついつい冷たく冷えた飲み物を選んでしまいがちですが、血流を良くするという観点から考えると、これはあまり良いことではありません。

温かい飲み物

冷たい飲み物を飲んだ時、体の中では次のような事が起こっています。
冷たい飲み物を飲むと、その分体が冷え、体温が下がります。その冷えた分の体温を元に戻そうとして、体温回復のために血流が使われます。その分、他の器官に回るはずの血流が少なくなり、血流が滞ってしまうのです。
ですから、血流を良くしたいと考えるのであれば、常温か、温かい飲み物を選ぶのが効果的です。
常温か温かい飲み物であれば、体温を下げる事もありません。
むしろ、温かい飲み物なら、体を温めてくれるので、さらに効果的です。
温かい飲み物の中でも、ノンカフェインのものや、生姜を加えたものなど、温め効果が高いものを選べば、さらに血流を良くする効果が期待できます。

 

 

玉ねぎ

玉ねぎには血流を良くする効果がある成分が3種類含まれています。その一つが硫化アリルです。玉ねぎを切ると香りが立ち涙が出てきますがこれは硫化アリルの一つであるアリシンのせいです。生の玉ねぎには香りのないアリインという成分が含有していますが切ったり加熱するとアリナーゼという酵素が働きアリシンに変化します。アリシンには血小板の凝固作用を抑制する働きがあるのでサラサラ血液になり血栓ができにくくなるのです。

玉ねぎの効果

二つ目は玉ねぎにのみ含まれる辛味成分である硫化プロピルです。硫化プロビルは血液中のブドウ糖の代謝を促進させて血糖値を下げる働きを持っています。また加熱や空気に触れて酸化するとトリスルフィドに変化し中性脂肪やコレステロールの代謝を促進します。その結果血流が良くなり高脂血症・動脈硬化の予防につながります。
三つめは苦み成分でポリフェノールの一種であるケルセチンです。野菜の中でも特に玉ねぎに多く含まれる成分で体内の脂肪吸収を阻害する働きがありサラサラ血液に貢献します。

 

 

水素

水素水が注目されている理由には免疫向上・美肌作用などがありますが、血流を良くするためにも効果的なのです。

水素水の効果


水素には副作用がなく、飲むだけで血液を綺麗にできるのです。
水自体にも血流を良くする作用がありますが、さらに水素を含有しているので抗酸化力を発揮してくれます。
活性酸素から細胞を守ることで、あらゆる病気を遠ざけることができるのです。
病気の多くは抗酸化力が低下することで発生することがわかっています。
風邪、インフルエンザのほかガンといった重大疾患も、免疫低下によりリスクが高まるのです。
血流を良くする効果のある水素水は、空腹時に飲むと吸収されやすくなります。
水素は非常に分子が小さいため、そのまま放置すると抜けてしまうので注意しましょう。
開封後は早めに飲むようにする必要があるので、一度に飲みきれる容器がおすすめです。
200mlや250mlのパウチが多いのは、一度に無理なく飲める容量だからです。
一度にたくさん飲むよりも、少量ずつ飲んだほうが吸収率は高くなります。

 

 

生姜(しょうが)

数ある食材の中でも、血流を良くするために一番適しているのが生姜(しょうが)だと言われています。
生ですりおろして食べてもよいですが、体の芯まで温めるなら乾燥した生姜(しょうが)が効果的です。

身体をぽかぽかに温める生姜

業務用のジンジャーパウダーを使用すれば、サプリメント感覚で毎日摂ることができます。
料理との相性は抜群ですし、紅茶に入れて飲まれる方もいます。
乾燥した生姜(しょうが)に砂糖を入れて、生姜湯として飲むのも血流を良くするために最適です。
体が温まると代謝も促進され、太りにくい体質に変わっていきます。
さらに免疫向上により、生活習慣病を遠ざけることもできます。
動脈硬化が進行すると、急激に血管年齢が老化するので注意が必要です。
血管を若々しく維持することは、細胞の元気にもつながるのです。
健康維持や美肌のためには、細胞レベルで元気にしていく必要があり、そのためには血流を良くすることが欠かせません。
血流が良い部位ほど病気が少ないことは、心臓ガンが極端に少ないことからも明らかです。

 

 

大豆発酵エキス

大豆発酵エキスとは大豆を納豆菌で発酵させてから抽出できるエキスのことです。その代表的な効果の一つが血流を良くする効果です。

大豆発酵食品の納豆

この大豆発酵エキスにはあらゆる種類の活性酸素を除去できる効果があります。活性酸素とは細胞が生きている限り生成する成分で、その中には体内の細胞を酸化させて老化を引き起こすものもあります。身体を老化させる活性酸素は血液にまで入り込んで、赤血球を錆びつかせます。すると血液はドロドロとなり、血流が悪くなります。そうなると血栓が生じやすくなるため、心筋梗塞や脳梗塞といった動脈硬化や高血圧など生活習慣病を引き起こす可能性があります。しかし大豆発酵エキスには高い抗酸化作用があり活性酸素を除去する効果があるため、血液の老化を改善・予防し、血流を良くする効果があります。
このように大豆発酵エキスには活性酸素による赤血球の老化を防ぐ抗酸化作用があるため、血流を良くすることができます。そのため動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防することができます。

 

 

鉄分

鉄分は赤血球の色素であるヘモグロビンを作る働きをし、ヘモグロビンは血液の中で酸素を運ぶ働きをします。鉄分自体に血流を良くする効果は無いのですが、ヘモグロビンが少なくなることで酸素が運ばれなくなり血行が悪くなるわけですから、ヘモグロビンがしっかりと働くためには鉄分を十分摂取することが必要になります。

赤身の肉には鉄分が豊富

女性は貧血の症状や冷え症が起こりやすいのですが、血流を良くすることで症状を改善に導くことができます。病院で貧血だと診断されると、鉄剤を処方されることがありますが体質的に合わないという方も少なくないといいます。もちろん、食べ物から鉄分を摂取できれば一番良いのですが、それも毎日となるとなかなか難しいものです。レバーには鉄分が多く含まれているのでおすすめの食材ですが、好き嫌いもあるでしょう。赤みの肉や魚の血合いなどにも多く含まれていますが、苦手な人には辛いかもしれません。ほうれん草や小松菜などの野菜からでも摂取はできますが、十分な量を摂るには相当な量を食べる必要がありこれも難しいでしょう。そこで、サプリメントで摂取することもおすすめです。手軽に摂取できますから継続も難しくないでしょう。

 

 

納豆

納豆の血流を良くする効果は、伝統の中で育まれたもので、現代の食卓でも欠かせない存在になっています。この作用を引き出しているのは、酵素の一種に分類されているナットウキナーゼという成分ですが、これは発酵の産物として貴重です。納豆には血液を凝固させる成分として、ビタミンK2が含まれているわけですが、ナットウキナーゼによってサラサラ効果のほうが勝ることになるのです。

大豆発酵食品

寒さが厳しい東北地方では、雪の中で納豆を作ることによって、血流を良くするための食料を確保してきました。一方で、江戸時代の庶民の間では、熱々のご飯に納豆をかけて食べる食文化が生まれました。昔は血流を良くする効果については未知の情報だったのですが、健康に良いということは経験的に知られていました。
納豆が血流を良くするために、現代では生活習慣病予防の分野でも注目されています。低脂肪で高タンパクであり、ナットウキナーゼの効果が重なるわけですから、日頃から食べていればメタボの問題にも対処できます。

 

 

 

血流を良くするサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑